1. HOME
  2. お知らせ
  3. 2021年10月10日(日)「薬剤師が知っておくべき内分泌疾患の病態とその治療」と「糖尿病及び糖尿病性腎症の危険因子の同定」

NEWS

お知らせ

平成塾 スクーリング

2021年10月10日(日)「薬剤師が知っておくべき内分泌疾患の病態とその治療」と「糖尿病及び糖尿病性腎症の危険因子の同定」

研修会
第25回平成塾通信講座スクーリング
日時
2021年10月10日(日) 13:00-16:10
形態
Zoom による遠隔研修会
受講料
2,500円
(2021年度通信講座受講者ならびに昭和薬科大学6年制卒業生は無料)
演題1
「薬剤師が知っておくべき内分泌疾患の病態とその治療」
・講師 東邦大学 医学部医学教育センター 吉原 彩先生
【研修内容詳細】(▼クリックで開きます)
内分泌疾患はホルモンの量または働きの異常によって起こります。発症頻度が少なくあまり馴染みがない疾患もあると思います。本講演では、まず内分泌疾患の中では最も発生頻度が高い甲状腺疾患のうち、甲状腺機能亢進症であるバセドウ病と機能低下症をきたす橋本病を中心にまずお話しいたします。その後、比較的目にすることが多い高カルシウム血症のうち副甲状腺機能亢進症と悪性腫瘍に伴って起こるもの、症例数は少ないが治療薬の投与方法や調節などに注意点があり薬剤師が知っておくべき先端巨大症、中枢性尿崩症などについてもお話ししていきます。
演題2
「糖尿病及び糖尿病性腎症の危険因子の同定」
・講師 逸見 仁道先生
【研修内容詳細】(▼クリックで開きます)
糖尿病の病態生理と薬物治療について通信講座の教科書「薬物治療学改訂10版(南山堂)」の内容に沿って概説する。糖尿病とは「インスリンの作用不足により、慢性の高血糖等を特徴とする代謝異常疾患群」と定義され、予備軍も含めて約2千万人の患者がいると推定されている。慢性的な高血糖により血管・神経系・免疫系など様々な器官が損傷を受け、合併症による重篤化が問題となる。糖尿病は血管の病気であり、重篤化を防ぐために血糖管理が重要となる。薬物治療も血糖値および血圧の制御が中心となる。最近、薬価収載されたミトコンドリア作用薬も紹介する。糖尿病性腎症は重篤な合併症の1つで、人工透析を受ける患者のうち、本疾患の患者が最も多い。演者らは腎臓内科医と共に「糖尿病を発症して10年、腎症を発症する患者としない患者の違い」という命題に取り組み、分子生物学手法を用いて危険因子の同定を試み、いくつかの成果を論文にして公開した。最近のコロナ禍でACE2に関する論文が引用され、再び腎機能とACE阻害薬やACE2に関する過去の研究が注目されたので、危険因子の同定の過程を含めて簡単に紹介する。
取得単位
認定薬剤師研修単位:2単位
受講申込方法

(1)アスヤクLIFE研修サイトからのお申し込み
https://kenshu.asuyaku.life/trainings/313
※ クレジットカード決済のみとなります。

(2)ホームページからのお申込み
フォームにご入力の上送信してください。
受講料はゆうちょ銀行 払込取扱票によるお支払いとなります。
口座番号:00180-0-324854
加入者名:一般社団法人昭薬同窓会・平成塾
※払込手数料が別途かかります 
フォームの送信と受講料お払込の確認がとれましたら受付完了です。

申込締切
アスヤクlife  10月9日(土)午後0:00
ゆうちょ銀行払込 10月5日(火)午後4:00
その他
・演題は変更される場合がございます。
・お名前、薬剤師名簿登録番号、住所、連絡できる電話番号、メールアドレスをご入力ください。
 入力されているご住所を受講シールの送付先とさせて頂きます。必ず、郵便物の受取が出来る住所を入力して下さい。
・お申込みが終了した方に、開催日約1週間前よりZoomURLやパスワードなどの情報および研修会資料や単位及び受講証明書発行に必要な書類をメールにてお送りいたします。
主催/お問い合わせ
一般社団法人昭薬同窓会・平成塾(G12)
町田市東玉川学園3-3138-5F
(月~金曜 12:00~16:00迄 土日 休)
TEL 042-722-5750 FAX 042-721-1295 お問い合わせフォーム

    下記のフォームにご記入お願いします。

    当同窓会は個人情報を遵守し、個人情報の適切な利用と管理に努めます。
    その取扱については、充分注意を払いながら活動を進めて参ります。

    *マークは必須項目

    【スクーリング】
    お持ちの端末でZoomアプリは利用できますか? *

    ※講座はZoomを使用できる人のみになりますのでご注意ください。
    今年度の平成塾通信講座の受講者ですか? *
    氏名 *
    フリガナ *
    薬剤師名簿登録番号 *
    メールアドレス *
    住所 *


    番地 
    建物名・号室
    お電話 *
    携帯電話
    その他、連絡事項 ご意見 *

    最新記事