【161号】一般社団法人昭薬同窓会道央支部同窓会開かる

2015/10/13会長短信

2015年10月10日午後6時より札幌第一ホテル2階において一般社団法人昭薬同窓会道央支部が開催された。参加者は元厚生労働大臣 三井辨雄氏(D-14A)をはじめ22名の卒業生が参加した。

まず最初に道央支部長渡辺良樹氏(D-24B)が開催までの簡単な経過の説明と支部長交代の説明を行い、司会として網谷健一氏(D-37A)を紹介すると共に副支部長を御願いした旨の説明がされた。

乾杯の音頭は、三井辨雄氏が行い、(一社)昭薬同窓会代表理事挨拶、本学准教授の小野寺敏氏(D-24B)の挨拶と続いた。

その後懇談に移り北海道保健福祉部地域医療推進局医務薬務課長の三瓶 徹(みかめとおる)氏(D-34B)の紹介と挨拶が行われた。宴たけなわとなる頃小野寺氏による持参したPpointによる同窓会の紹介等が行われた。その中で同窓会運営に重要なのは会費だという説明があり、引き続き支部長が会費の納入について呼び掛けたところ、参加者から支部長が集めろという声が上がり、支部長が会費の徴収を行った。

最後、後藤勝博氏(D-14B)の閉会の辞で会を終えたが、久々に開かれた支部会について、来年もやってくれと云うような声が聞こえた。

一般社団法人昭薬同窓会道央支部同窓会開かる

ページのトップへ戻る