【81号】一般社団法人昭薬同窓会 横浜南支部 研修会 開催

2011/11/16会長短信

2011年11月13日(日曜日)神奈川県民センターにおいて午前10時から一般社団法人昭薬同窓会横浜南支部の研修会が開催された。

講師は横浜南支部支部長鈴木秀樹氏(D36B)で、『整形外科 外傷学-骨折・脱臼・捻挫の基礎知識-』の演題で、90分間の講演を行った。今回の研修会の目的は『身近な症例が多いにも関わらず、薬学ではあまり学ぶ機会がない整形外科学について身近な症例を交えながら基礎から学習する』とするもので、骨折・脱臼・捻挫の各症状について、骨折の定義・骨折の分類(原因による分類・形状などによる分類・外部との交通の有無による分類)、脱臼の定義と脱臼の分類、捻挫の定義と捻挫の分類、骨折・脱臼・捻挫の症状。骨折の合併症・脱臼の合併症等々について具体的に述べた。更に鎖骨骨折について、具体的な説明を行った。

例えば『粉砕骨折』と『複雑骨折』は別。『軋轢音(あつれきおん)=握雪音・捻髪音』、『近位橈尺関節脱臼(きんいとうしゃくかんせつだっきゅう)』、『小児肘内障(しょうにちゅうないしょう)』等、難解用語の読み方についても解説した。次回の予告で下記のような案内状が配布された。当日出席していた吉原隆一氏は『医療過誤』について話をすると語った。

引き続き同所で茶話会が開催され、参加者による意見交換が行われた。(2011.11.14)


「平成24年度 横浜南支部支部会及び研修会」 予告

[日時] 平成24年5月27日(日) 午前10時~12時
[場所] かながわ県民センター3階302会議室(横浜市神奈川区鶴屋町2-24-2

[講師] 吉原 隆一 様(横浜市健康福祉局健康安全部医療安全課)
[定員] 30名
[単位] 90分1単位(薬剤師認定制度認証機構G12)

ページのトップへ戻る