【121号】昭薬同窓会近畿地域合同会議開催(於いて:旅館銀閣)

2013/03/13会長短信

今から4年前、琵琶湖湖畔で日薬の学術大会が行われた時、近畿地区野田支部長より広範な地域が含まれており、運営が出来ないという話が出され、地域を分割することが検討された。その時、本部理事も含めて大まかな案として纏められたのが、下記の分割案である(括弧内は会費納入者数)。近畿地域の同窓生総数は346名(会費納入者54人:15.6%)。

今回執行部はこの案に基づいて地元の方々と話し合いをすることになった。もっと早い時期に話し合いを持つべきであったが、お膝元の神奈川地区の分割案に取り組んでおり、手が伸ばせなかったというのが正直なところである。

本部から古泉代表理事、野崎組織担当理事の2名が出席。近畿地域からは野田支部長(大阪)・松本(京都)・粉川(京都)・本部(京都)・森(京都)の5名の参加を戴いた。

①大阪134(22名)・奈良27(1名)・和歌山22(4名)
②京都48(7名)・滋賀13(4名)
③兵庫101(16名)

それぞれの会員数と交通の便宜を考え、近畿支部(仮称):大阪・奈良・和歌山、京滋支部(仮称)・兵庫支部に3分割することが概ね了承された。なお、各支部の名称については、支部会を開催して決定することになった。

平成25年9月22(日曜日)-23日(月曜日)の両日にわたり、第46回日本薬剤師会学術大会が大阪で開催(グランキューブ大阪)されるのでこれに併せて『(一社)昭薬同窓会IN大阪(本部・支部合同懇親会)』を開催したい。従って22日17時-18時に近畿支部(仮称)・京滋支部(仮称)の両支部の設立総会を行い、再編の承認、支部長の承認及び支部社員(代議員各1名)の承認等の手順で進めることとし、18時から2時間の懇親会を行うことで了解された。

なお、『(一社)昭薬同窓会IN大阪』の会場としてリーガロイヤルホテル(京阪電車中之島線 中之島駅直結)を仮押さえしたことを野崎理事から報告、同所を会場とすることで了承された。

その他の話題として、『薬剤師認定制度認定機構』において同窓会がプロバイダーとして認証(G12) されていること、通信講座等を行っていることを紹介し、支部長から受講しているというお話を戴いた。

ページのトップへ戻る