薬剤師業務支援講座:「妊婦・授乳婦における薬物療法の考え方」

2017/09/07お知らせ

薬剤師業務支援講座:「妊婦・授乳婦における薬物療法の考え方」

日時
2017年10月22日(日)13:00~14:30(受付12:45~)
場所
町田市文化交流センター5Fサルビア(旧ぱるるプラザ町田5階)
住所

〒194-0013 町田市原町田4丁目1番14号
電話:042-710-6611
JR横浜線「町田駅」町田ターミナル口直結
小田急線「町田駅」西口から徒歩5分

演題

「妊婦・授乳婦における薬物療法の考え方」

日本では妊婦・授乳婦には薬を飲ませないと言う考え方が浸透している。これは健康な妊婦に対して適正な判断である。 医薬品に限らず特にタバコ、アルコールは厳に避けるべきである。
ところが、そこから派生して医療従事者でも妊婦・授乳婦に薬物療法を行ってはいけないと医療従事者でも誤解をしている例を見る。妊婦・授乳婦も病気になれば辛い。てんかん、うつ病、高血圧、甲状腺疾患、喘息、これらの疾患をもつ女性も服薬しながら妊娠をしたいし、妊婦だけが花粉症や頭痛を我慢しなければならない理由もない。
今回は、妊婦・授乳婦を正しく守るために、その薬物療法の実際、添付文書との付き合い方などをお伝えしたい。

講師
石川 洋一先生 国立研究開発法人 国立成育医療研究センター 薬剤部 薬剤部長
取得単位
薬剤師認定制度認証機構CPC(G-12平成塾)1単位
(研修センターなど他の機関との併用できますが、各団体により併用許容割合が異なります)
受講料
1,000円
申込み方法

ゆうちょ銀行備え付けの払込取扱票でお振込み

通信欄に10/22受講料とご記入の上、お名前、ご住所、連絡先お電話番号(昭薬卒業生でコードNo(宛名ラベルお名前左下の3~5桁の数字)がわかる方はご記入下さい)もお書きになって窓口またはATMにてお振込ください。

参加料振込締切
10月20日 (受講料お払込で受付完了です)
10/17~20日にお払込みの場合、貯金センターより連絡が間に合わないため下記の事務局へ受講申込をお電話またはメール連絡、当日は振替受領証をご持参ください)
郵便振替口座番号
00150-0-373885
加入者名

昭薬同窓会生涯学習委員会

※ 振替受領証は申請時に必要になりますので保存しておいてください
※ 受講申込は受講料の振込をもって受付終了となります。

ご多忙のためお払込みできない方はご一報ください。
当日お支払いにして予約をいれさせていただきます。
資料用意の都合上要事前予約でお願いいたします。
(土日は事務局閉鎖のため10/20金曜午後3時迄にご連絡ください)

主催/お問い合わせ
一般社団法人昭薬同窓会・平成塾
町田市東玉川学園3-3138-5F
TEL 042-722-5750 FAX 042-721-1295 お問い合わせフォーム

地図

ページのトップへ戻る