会報119号の「昭薬ミニミニクイズ ア二サキスの治療法」の答えはコチラ

2020/11/01同窓会報

ミニミニクイズ ア二サキスの治療法

丹那さん、ツマ子さん夫婦の近所に住む兄埼(あにさき)さんが丹那宅を訪れてこんな話をしています。生ものからアニサキスに感染してひどい目にあったと言います。

丹那さん:兄埼さん、今度はずいぶんひどい目にあったみたいだね。

兄埼さん:実は居酒屋で生ものが出されたのですが、それを食べてから急に調子が悪くなったんです。出されたものは新鮮で、特に好きなサバとイカは美味しかったのですが、どうもそれからのアニサキス感染らしいのです。

ツマ子さん:症状はどんなでしたか?

兄埼さん:吐気と激痛がひどく、慌てて近くの内科医に駆け込みました。そこでは点滴を受けたのですが、あれはどんな薬なのでしょうか?

ツマ子さん:抗生剤かしら?でもアニサキスはどんな薬が効果が効くのかしら?

兄埼さん:それを受けてから大分楽になりました。今日は大きな病院を紹介し貰い、胃の内視鏡でアニサキスを取って貰いました。抗生剤は処方されているでしょうか?
薬は内服薬もでていたんですよ。

兄埼さんの処方
ランソプラゾール錠  1mg  1錠 朝食後服用
アセトアミノフェン錠 500mg 3錠 毎食後服用
ビオスリー配合錠       3錠 毎食後服用 5日分

Q1;アニサキス症にかかって初めに飛び込んだ医院で受けた点滴は以下のどれと考えられますか?
1. ニューキノロン系抗生剤
2. セフェム系抗生剤
3. 強力ミノファーゲンC
4. 上記全部

Q2;以下の薬剤でアニサキス症の治療に使用される可能性のあるのはどれですか?
1. H2ブロッカー
2. 抗アレルギー剤
3. ステロイド内服剤
4. 上記全部

【答え】
A1;3 A2;4

文献:
山本 馨 他アニサキス症のユニークで簡便な治療法 日医大医会誌 2012.8(2)p179~180
山本 馨 アニサキス症に対する新しい治療 日本消化器病学会東北支部会誌 2010年第1号

解説:
日本人の食習慣から考慮して、アニサキス症はかなり古くからあった病気と思われる。しかし、アニサキス症の原因となる虫種が確定されたのは1960年代である。

現在、刺身、寿司等の料理法を通して、日本では海鮮魚介類の生食を原因とする寄生虫症の中で報告が最も多い。

アニサキス症のヒトへの感染源となる魚介類は日本近海で漁獲されるものだけでも160種を超えるとされているが、サバ(マサバ、ゴマサバ等の総称、又、しめ鯖も含まれる)が大きな感染源と考えられているが、その他、アジ、イワシ、イカ、サンマ等による感染が注意を要するとされている。

アニサキスと呼ばれるものはアニサキス亜科に属する線虫の総称であり、魚介類で発見されるのは第3期幼虫であり、時に第4期幼虫も見つかる。アニサキスの最終宿主はそうした魚介類を捕食するクジラ、アザラシ等の海生哺乳類で、その消化管に寄生する。

アニサキスはヒトでは胃、又は腸に寄生し、Aさんの様に胃に寄生した場合には食後数時間で、激しい上腹部痛、悪心・嘔吐などの劇症型胃アニサキス症の症状を呈する事が多い。
又、腸でも腹痛、悪心・嘔吐が見られ、時に腸閉塞、腸穿孔の例もある。

アニサキス症の激烈な腹痛はアニサキス虫体からの分泌物によるアレルギー症状と考えられている。又、初感染では無症状でも、再感染で感作されると6時間で1型アレルギーに起因する激しい心窩部痛が発生するとも報告されている。

アニサキス症の治療には抗生剤などの特効薬はなく、胃カメラ等を用いて虫体を見つけ、鉗子で摘出するなどの方法が取られている。

Aさんが始めにかかった医院ではそうした設備が完備しておらず、アレルギー反応抑制の為に抗アレルギー剤の強力ミニファーゲンCを静注する方法を行った事も考えられる。
その他の治療薬として激しい心窩部痛の緩徐の為にステロイド剤(プレドニン錠等)の経口投与も行われる場合もある。今回は痛みに対してアセトアミノフェンが処方されているが、比較的消化器には負担が少ない。

又、今回の処方には記載がないが、抗アレルギー剤の経口投与(アレジオン、アレロック等)も痒み等のアレルギー症状緩和に処方される。又、胃の粘膜を守る為にPPIやH2ブロッカーを処方して酸を抑えて炎症を和らげる方法もとられている。
尚、調理の段階で、必ず火を通す、又、よく噛んで虫体が生きたまま消化管の中へ移行しない様にする等の注意も必要である。

ページのトップへ戻る