2011年 第2回テキスト「胆嚢・胆汁の機能と病気」

2012/07/05テキスト販売

巻頭言

前回、胆嚢と膵臓を一括りにして80頁超の教科書を作製した。更にOTC薬及び薬事・在宅・介護などの項目も加えて、実務に幅広く役立つ知識を得られるように工夫した。しかし、必ずしも全ての薬剤師がOTC薬を扱うわけではなく、在宅・介護に薬剤師が係わることは重要であるが、これも全ての薬剤師が手を出せるほど、環境が整っているわけではない。

そこで今回は各臓器を一つずつ取り上げ、その臓器の機能を解説すると共に、関連して起こる疾病についての解説と使用される処方の解析をすることにした。特に今回は薬について重点的に取り上げ、臨床現場で求められる薬に対する疑問に対応可能な資料としての役割を持たせること及び患者の質問に対して答える場合の参考資料に出来る副読本とすることを目標とした。

気宇壮大、志の高いのはいいが、その通り実行出来るのかと聞かれると、やや腰砕けになる恐れもあるが、薬剤師はあくまで薬の専門家であって、病気の専門家ではない。病気の専門家に薬の専門家が協力することで患者の治療が出来れば理想的ではないかと考えている。診断をしなければ、薬の処方は書けない。つまりその処方の意図するところは、書いた当人でなければ解らない。その意味では処方の解説は医師の領分であり、薬剤師が行うのは、飽くまで科学的な根拠を前提にした処方の解析である。

本稿は、そのような方向性を明確にする立場で、処方せんを考えてみたいと思っている。

2010年11月24日
古泉 秀夫

【目次】

  • I.胆嚢   3
  • II.胆汁   4
    • a.胆汁の分類   6
    • b.胆汁の生理機能   6
  • III.胆嚢摘出後症候群   6
  • IV.胆嚢・胆道疾患   7
    • [a]胆嚢炎   7
    • [b]妊娠性肝内胆汁欝滞症   12
    • [c]胆道閉塞症   13
    • [d]胆石症   13
    • [e]胆嚢摘出後症候群   16
    • [f]急性閉塞性化膿性胆管炎(AOSC)   17
    • [g]胆道寄生虫症   18
    • [h]原発性胆汁性肝硬変   20
  • V.医薬品情報pick up   22
  • VI.腎障害時の投与量   60
  • VII.自己査定   62
  • VIII.索引   67

索引

【0~9】、【A~Z】

  • A胆汁   6
  • AMA   20
  • AOSC   17
  • B胆汁   6
  • C胆汁   6
  • CDCA   23
  • bile・gall   4
  • CCK   5
  • cholecystokinin   5
  • endocytosis   5
  • ESWL   15
  • Oddi括約筋   3
  • PBC   20
  • UDC   15
  • UDCA   22
  • ursodeoxycholic acid   15 , 22

【あ行】

  • アザクタム注射用   44
  • 胃酸中和   6
  • 茵蔯蒿湯   59
  • ウルソ錠   16 , 22
  • 黄連湯   58

【か行】

  • 回虫   19
  • カルベニン点滴用   51
  • 肝吸虫   19
  • 観血的治療   16
  • 肝硬変   19
  • 肝蛭(カンテツ)   20
  • 漢方治療   11
  • 急性胆嚢炎の病期分類   8
  • 急性閉塞性化膿性胆管炎   17
  • 去杖湯   57
  • クラビット錠   27
  • 経口胆石溶解療法   15
  • 原発性胆汁性肝硬変   20
  • 抗菌薬-軽症例   9
  • 抗菌薬-中等症   10
  • 抗菌薬-重症例第1選択薬   10
  • 抗菌薬-重症例第2選択薬   11
  • 抗ミトコンドリア抗体   20
  • 腓返り   57
  • コレステロールの溶解   6
  • コンバントリン錠   52

【さ行】

  • 柴胡桂枝湯   55
  • シプロキサン錠   29
  • シプロキサン注   45
  • 脂肪の消化・吸収   6
  • 受動輸送   5
  • 芍薬甘草湯   57
  • 脂溶性ビタミン   6
  • 腎障害時の投与量   60
  • 膵炎   19
  • スルペラゾン静注用   39
  • セファメジンα   33
  • セフメタゾン静注用   36
  • 総胆管   3

【た行】

  • 体外衝撃波破砕療法   15
  • 胆管炎・胆嚢炎   18
  • 胆汁   4
  • 胆汁の生理機能   6
  • 胆汁の分類   6
  • 胆汁酸塩   4
  • 胆石症   13
  • 胆石症の三徴   14
  • 胆石仙痛   7
  • 胆石の分類   14
  • 胆道寄生虫症   18
  • 胆道閉塞症   13
  • 胆嚢   3
  • 胆嚢炎   7
  • 胆嚢温存療法   15
  • 胆嚢摘出後症候群   6 , 16
  • 胆嚢摘出術   16
  • ダラシンS注射液   47
  • チアトンカプセル   25
  • チエナム点滴静注用   49
  • チノカプセル   23
  • 鎮痛薬   9

【な行】

  • 妊娠性肝内胆汁欝滞症   12
  • 能動輸送   5

【は行】

  • ハイシジン錠   53
  • パシル点滴注射液   46
  • パンスポリン静注用   38
  • パンスポリンT錠   31
  • 非観血的治療   15
  • ビクシリン注射用   34
  • ビリルビン   4
  • ビルトリシド錠   54
  • ブスコパン錠   24
  • フルマリン静注用   37
  • フロモックス錠   32
  • ブロアクト静注用   43
  • ペンタジン注   26
  • ペントシリン注射用   35
  • 便色調カラーカード   13

【ま行】

  • メロペン点滴用   48
  • モダシン静注用   42

【や行】

  • 有毒物質排除   6

【ら行】

  • ランブル鞭毛虫   19
  • ロセフィン静注用   40

ページのトップへ戻る