【33号】第2回 法人化規約検討委員会

2010/09/06会長短信

2010年9月5日、13:00から第2回法人化規約検討委員会が開催された。
新たに辻 和子(第14回卒)、神作ムツ子(第16回卒)、鈴木マリナ(第12回卒)の3氏が委員として追加されたことにより、新たに全員の自己紹介が行われた。その後、下川委員長の作成した法人化規約案等を参考にして、個別具体事項について審議した。一番問題になったのは、代議員の在り方で、選別方法が曖昧で、そのままで良いのかどうかについて論議が集中した。クラス代議員はクラス会において選出するとなっているが、具体的にどの程度のクラスでクラス会が開催されているのか。更にクラス会が開催されたとして、どの程度の参加者で選出しているのか。更にそれで有効なのか。また支部代議員についても、支部会の開催が見られないのに代議員が選出されているが、もしそうだとすれば代議員制は止めて、全加入者を対象にした“社員総会制”にしてはどうか。委任状あるいは郵便による賛否の投票を行うことで、対応可能なのではないか等、活発な論議がされた。

ページのトップへ戻る