【114号】多摩南支部第18回支部会

2012/10/30会長短信

平成24年10月21日(日曜日)町田市民ホール第1会議室において第18回支部会が開催された。

受付:13時30分
講演会:14時-15時30分
支部総会:15時40分
懇親会:15時20分

講演1
ドーピング防止とスポーツファーマシスト
法政大学診療所・渡邊美月(公認スポーツファーマシスト・薬剤師)

講演2
医薬品医療機器総合機構(PMDA)が提供する医薬品関連情報
厚生労働省医薬食品局安全対策課安全使用推進室長・渡邊伸一(医薬学博士)

ドーピング防止では、ドーピングの意味について『わざとであっても・不注意であっても・治療目的であっても』制裁の対象になる。薬剤師としては選手の努力を無にしないためにも、不注意による禁止薬物の摂取や、風邪などの治療目的でのOTC薬の摂取にも注意が必要である等の具体的な内容の講演がされた。

PMDAの提供する情報について、種々具体的な報告がされたが、独立行政法人医薬品医療機器総合機構の提供するホームページ(http://www.info.pmda.go.jp/)にaccessし、添付文書情報を利用する。重篤副作用疾患別対応マニュアル、インタビューフォーム等の活発な利用を御願いする等の助言がされた。その他PMDAメディナビ(http://www.info.pmda.go.jp/info/idx-push.html)に登録し、イエローレター、ブルーレター等の配信を受けることが必要で、新聞等に報道され患者から指摘されて初めて気付くようでは、専門職能の薬剤師とは云えないのではないかとする辛口の報告もされた。

ページのトップへ戻る