支部会だより

2013/04/04第104号

東京多摩南支部
平成24年10月21日(日) 町田市民ホール第1会議室
小林 君江 (D−12B 昭和39年卒)

東京多摩南支部

支部会を毎年実施し、18回を重ねました。

今回の研修会は

1.「ドーピング防止とスポーツファーマシスト」法政大学診療所渡邊美月氏(公認ファーマシスト・薬剤師)

2.「医薬品医療機器総合機構(PMDA)が提供する医薬品関連情報」(厚生労働省医薬食品局安全対策課安全使用推進室長・渡邊伸一氏(医薬学博士)の講演でした。

ドーピング防止に活動している公認スポーツファーマシストは薬剤師の資格があれば、一定の講習や試験に合格することで資格を取得できます。全国で約4,500人いることを知りました。うっかりドーピングで、選手の折角のチャンスを失わないよう薬剤師として注意していくことが必要だと実感しました。

またPMDAのホームページにアクセスして、添付文書情報を利用し、新聞や患者さんから指摘されない前に副作用に薬剤師が気付くことが望まれるとの報告をされました。

研修会の後、総会が開催され、活動及び会計報告が承認されました。その後懇親会が行なわれ、(一社)昭薬同窓会会長古泉秀夫氏、同理事の神作ムツ子氏、今泉真知子氏、世田谷から福室憲治氏、二人の講師も参加され、少人数ながらも和気あいあいとアットホームな懇親会でした。

北海道道央支部
平成24年10月27日(土)
水城 義幸 (D−19B 昭和46年卒)

北海道道央支部

北海道の晩秋を迎える10月27日(土)午後6時より久々の道央支部総会が開催され、総勢34名の出席のもと終治賑々しい雰囲気で終えることができました。

今回の総会は「三井辨雄さんの厚生労働大臣就任を祝う会」が主な目的であり、参加者みんなが喜びに満ちた宴となりました。

総会は多忙の中冒頭より駆けつけてくれた三井辨雄大臣を拍手で迎え支部長(水城義幸 46年卒)の挨拶に続いて先輩(田西洋三 30年卒)同期(蛭田邦昭 41年卒)の代表がそれぞれ祝辞を述べ、その内容は異口同音に「この度の大臣就任は本人はもとより私たち同窓会の誇りでもあります。」「特に薬剤師が厚生労働大臣に就いたことは有史上の快挙であります」との賞賛でありました。

これを受けての三井大臣の挨拶は穏やかな中にも臨時国会を控えた緊張感を漂わせながらも、強い気迫と使命感に満ちた感動的な挨拶でありました。

また総会議題の一つとして支部長の交代が水城支部長から提起され、昭和51年卒業の渡辺良樹さん(D−24B)が新支部長に決まりました。

卒業年ごとにセットされた席からは多様な話題が沸騰する印象深い同窓会でありました。

神奈川横浜南支部
平成24年11月11日 かながわ県民センターにて
岩下 由紀子 (D−20A 昭和47年卒)

神奈川横浜南支部

横浜南支部会・研修会・懇親会を開催しました。

今回(第3回)研修会は一般社団法人昭薬同窓会理事の寺門哲先生をお招きし「保険薬局におけるリスクマネジメント」というテーマで講演をしていただきました。

第5次医療法を施行するにあたり医療を提供する体制は大きな変化をせまられました。それに伴い薬剤師は次の事柄に配慮することが必要となりました。

・薬局機能評価を含む第三者評価の意味、室の評価が問われていること。

・薬局は営利性という観点から病医院とは異なる医療サービス機関であること。

・医療提供施設として保険薬局(薬剤師)はリスクを十分考慮しなければならず、リスクの要因・定義・リスクマネジメントを理解し、ヒューマンエラー、ヒヤリ・ハットの防止に努めること。

・チーム医療(在宅医療、病棟薬剤師など)への参画を目指す必要があること。

これらのことを意識しながら業務を行なうことの大切さを分かりやすく学ばせていただきました。その中でインターネット(かながわ医療情報検索サービスやPMDAメディナビなど)で最近の情報をチェックする必要性も学びました。

また寺門先生から住友製薬(現 大日本住友製薬)にて作成された「ヒューマンエラー自己分析システム」のCDを支部会に寄贈していただきました。

寺門先生は薬剤師として社会のつながりを大切にし、ボランティアで人と人とをつなぐパイプ役や受け皿になれるようにと講演会などを行っております。その信念にもとづき福岡から駆けつけボランティアで講師をしてくださいました。

寺門先生には心から感謝申し上げます。

お忙しい中ご参加いただきました諸先生方には厚くお礼申し上げます。ありがとうございました。

平成24年秋田支部同窓会&忘年会
宮形 慶子 (D−52Y 平成16年卒業)

平成24年秋田支部同窓会&忘年会

12月1日(土)19時から秋田市にぎわい交流館なかいち『洸林』にて、雪が舞う寒い日でしたが、たくさんの卒業生が集まり、秋田支部同窓会&忘年会が開催されました。

出席者最年長の鵜沼先生のごあいさつで幕を開け、出席者の近況報告が一回りする頃には会も終盤になるほどにぎやかな会でした。出席者の毎日が、にぎやかな話題にあふれている証ですね。

秋田支部の同窓会をきっかけに、鵜沼先生のご紹介でご結婚され幸せな家族にかこまれていらっしゃる先輩。私も、学生の時は直接面識がなかった有我(旧姓 俵谷)先輩とこの会がきっかけで親しくさせて頂き、今年の春には結婚式にも出席させて頂きました。同級生の相場君とも久しぶりに会い、同級生の近況の話題に花が咲きました。この会での出会い、御縁に・・そして、いつもこの会を企画して盛り上げて下さる河村先輩、秋田支部を盛り上げて下さる支部長の室田先生に心より感謝いたします。

まだ出席したことのない秋田支部会員の皆さん、一人で行って楽しめるか自信がなくて出席をためらっている皆さん。出席すればきっと、出席して良かった♪と思える会です。来年はぜひ出席して、温かい時間を一緒に過ごしませんか。

←【同窓会報 第104号】紹介ページに戻る

ページのトップへ戻る