第45回日本薬剤師学術大会にポスター発表で参加

2013/04/04第104号

(一社)昭薬同窓会理事 小川 洋子(D−12B 昭和39年卒)

平成23年10月7、8日に浜松において、第45回日本薬剤師会学術大会が開催され、昭薬同窓会は、「一般社団法人昭薬同窓会平成塾の活動と今後の展開(1)」と題して、ポスター発表をしました。

7日の夜は浜松の同窓生の方がたのご尽力により、全国から大会に参加した同窓生に呼びかけて懇親会が開催されました。初めてお会いする方がたとも同窓生であることの親近感を感じるなごやかで友好あふれる会合となりました。

8日のポスター発表は、展示している前を通り過ぎる皆さまにこちらの発表がとどくようにと時間いっぱい平成塾のテキストとチラシを一人一人に手渡ししながら、話し続けました。“このテキストを作製するのは大変ですネ” “コンパクトにできていますネ” “CPCの認証を得るのは大変でしたでしょう” “法人格をとられたのですか?”などさまざまな質問をなげかけられました。

発表を通して同窓会の諸先輩方の、未来をみすえた、薬剤師の質の向上にと努力されたことに感謝すると同時に誇りを感じました。この平成塾の若芽を皆さまに活用していただき、育てていただきたいと願いながら発表を終わらせていただきました。

第45回日本薬剤師学術大会にポスター発表で参加

ポスター発表内容
2010年5月大学同窓会で初めてCPC認定。
平成塾の目的は、薬剤師のための薬剤師による生涯教育を推進すること。

〔通信講座の特色〕
・ハンディーな新書タイプのテキスト
・同窓生の薬剤師が執筆
・双方向性の通信システムの導入により
 自己研修の継続性と反復学習可能
・在宅で学習できる。遠隔地、子育て中の薬剤師でも可能
 ■通信講座の受講者の年代別 ■県別データ
 ■今後の講座 通信講座、業務支援講座

←【同窓会報 第104号】紹介ページに戻る

ページのトップへ戻る