平成塾薬剤師業務支援講座を開催して

2013/04/04第104号

(一社)昭薬同窓会学術担当理事 三上 二郎(D−24B 昭和51年卒)

平成塾薬剤師業務支援講座を開催して

平成塾薬剤師業務支援講座は平成25年1月13日㈰にシオノギ渋谷ビル東京支店・3階レクチュアホールにて開催されました。この講座は精神神経領域に関する内容として5回にわたり開催されたうちの一つです。講師として独立行政法人国立精神・神経医療研究センター病院・薬剤部・原恵子先生をお招きしご講演をいただきました。皆様は既にご存じのことと思いますが、国立精神・神経医療研究センター病院は、病院と研究所を兼ね備え、精神神経領域において日本のリーダー的役割を担っています。ここに勤務されている原先生は日々患者さんと接し、薬剤師として薬物療法を研鑽されています。また、本学出身であり、日本病院薬剤師会が認定する精神薬物療法認定薬剤師の資格をお持ちになっておられます。

今まで2回のご講演をお願いし、今回は、統合失調症についてご指導を賜りました。講演内容は非常に分かりやすく、疾病の原因、病態、治療方法、治療薬の種類と使い分け、副作用、相互作用、リカバリーなど手順良く多くのスライドを用いて説明がなされました。長時間にわたる講演でありましたが、参加者も非常に興味深く、真剣な眼差しで聴講されていました。

近年、統合失調症、うつ病等をはじめとし、精神科領域における薬物療法は目覚ましい発展を遂げ、より有効で安全で副作用の少ない医薬品が次々と登場しています。我々薬剤師はこれらの知識を高め、さらなる医薬品適正使用の推進を図っていくことが肝要であると感じました。

会員の皆さん、是非、業務支援講座に参加されてはいかがでしょうか。詳細につきましては、昭薬同窓会ホームページをご覧ください

←【同窓会報 第104号】紹介ページに戻る

ページのトップへ戻る