【同窓会報 第98号】

2010/02/10同窓会報

同窓会報 第98号

■コンテンツ
●表紙 鳥兜
●新年のごあいさつ
●第2回昭薬同窓会平成塾スクーリング報告
●平成塾は1歳になりました
●会費納入について
●支部会だより
●クラス会だより
●お知らせ

新年のごあいさつ 50年の歴史
昭薬同窓会会長  古泉 秀夫(D-11A)

表紙写真について

第2回昭薬同窓会平成塾スクーリング報告
関東中央病院薬剤部長/昭薬同窓会学術担当理事 松浦 功文(D-22B)

平成塾は1歳になりました

ご協力ください -昭薬同窓会会費の納入率アップを-

支部会だより
東京城北支部会  吉田 定(D-16)
第15回多摩南支部地域学術研修会  伊藤 文雄(D-9A)
神奈川東支部会  岩本 節子(S-13)
近畿支部会    野田 和子(D-6A)

クラス会だより
・D-4A  井澤 武
・D-5AB  志田 和子
・D-6A  真田 定弘
・D-7A  下川 正見
・D-8A  佐野 公子
・D-12A  鈴木 マリナ
・D-12B  小林 君江
・S-13  岩本 節子
・D-27AB  多田 治
・D-20AB  島袋 幸昭

昭薬ミニミニクイズ
———————
檀那(ダンナ)さんと奥さんのツマ子さんがツマ子さんの姪の事で話をしています。姪は、結婚して7年目ですが不妊に悩んでいるのです。
ツマ子:「あの子は結婚して7年になるのにまだ子供が出来ないので心配しているの。もう30過ぎてきたので、早く欲しいと思って産婦人科で看てもらったら、PCOSとかって言われたらしいの。
しばらく、お薬を続けているのにまだ妊娠の徴候が無いのです。 
先生に話をしてみたら、今度妊娠しなければ違う薬も追加してみましょうと言われたんだけど、そのお薬は糖尿病にも使用されるお薬という話なんですって。」

【今回の処方】 
クロミッド錠50mg  2錠  5日分 / 生理開始の5日目より1日2錠5日間服用

【クイズ】
ツマ子さんの姪が処方される可能性がある薬は以下のどれですか?
1.アマリール   2.メルビン   3.ベイスン  4.アクトス

【解 答】
2.メルビン

【解 説】
現在、不妊に悩む女性は多い。不妊には様々な理由があるが、その一つに、多襄胞性卵巣症候群(PCOS)による不妊もある。
PCOSには多彩な内分泌・代謝異常が存在している。
PCOSでは視床下部、下垂体、卵巣の各レベルにホルモン分泌異常があり、さらにホルモン異常に関わる肝臓のペプチド合成、糖代謝に関わる筋肉・脂肪・肝臓・の代謝異常がある。それらの内、PCOSの病態の中心は卵巣の異常と推測され、アンドロゲンの産生亢進が特徴である。
しかし、インスリン抵抗生のある症例では血糖調節の為に肝臓からのインスリン分泌が亢進し代償性高インスリン血症を来たす。
インスリンの生理作用の一つに卵巣のアンドロゲン産生を促進する作用がある。
インスリンの抵抗性改善はPCOSの病態改善と継がると考えられている。
PCOS患者の不妊の原因は排卵障害である為、治療に於いての第一選択はクロミフェン(今回処方のタロミッド等)である。
しかし、排卵が誘発されない患者にはゴナドトロビン療法、腹腔鏡下卵巣手術などが行われてきた。
その他にインスリン抵抗性改善薬をPCOS患者に使用する試みが以前から始まっており、排卵誘発効果が示されてきた。
日本でもクロミフェン単独効果よりもトログリタゾンと併用した方が排卵誘発率が高い事が示されている。
今回処方されたメトホルミン(メルビン)はトログリタゾンが副作用で発売中止になって以来使用されているビグアナイト余薬剤である。
メトホルミンを用いるメリットとして、クロミフェンよりも多胎妊娠の発生率が低い事が挙げられている。
しかし、クロミフェンの排卵誘発効果は速やかに得られるがメトホルミンは代謝改善を介して作用する為、最大の効果が得られる迄には2~3ケ月を要する。
クロミッド メトホルミンと併用すると排卵率は有意に高いとされている。
唯、メトホルミンの不妊治療に対する適応は無くあく迄も適応外使用である。

ネット
文献: 松崎利也/苛原稔
PCOSの不妊に対するメトホルミンを用いた薬物治療法
HORMONE FRONTIER IN GYNECOLOGY VOL.15 No.4  2008 12 p15~61
————————–

平成塾通信講座テキスト購入について

会員訃報

お知らせ
クラス会のお知らせ D-17A
住所変更した方お知らせください
支部会のお知らせ 神奈川北相支部

会員のひろば 原稿募集

広告

裏表紙
お知らせ
第38回定時代議員会のお知らせ
第51回会員総会のお知らせ
「昭薬同窓会報」への広告掲載について
テキストの販売について
「会報表紙の写真」募集
今月の会員の作品  松浦 功文
編集後記

ページのトップへ戻る