東海ブロック(愛知県、岐阜県、三重県)同窓会報告

2019/09/21クラス会報告

「東海ブロック(愛知県、岐阜県、三重県)同窓会」
伊藤裕至(D29B 昭和56年卒)
日時:令和元年9月8日(日)
場所:名古屋マリオットアソシアホテル

令和元年9月8日(日)名古屋マリオットアソシアホテルにて、東海ブロック(愛知県、岐阜県、三重県)同窓会を開催しました。台風15号が日本列島に近づく中でしたが、東海ブロックに加えて静岡県からも同窓生が集まりました。出席者は21人。

伊藤裕至(D29B)からの2019年一般社団法人昭薬同窓会社員総会報告した後、昭和薬科大学 地域連携薬局イノベーション講座 特任教授 串田一樹先生(D22B)をお招きして「世田谷から町田へ、そして90周年に向けて」と題してご講演をいただきました。串田一樹先生は日本だけではなくオーストラリアや台湾など海外での地域医療、在宅医療等の調査研究分野でご活躍されておられます。国内外での学会発表、学会誌等への投稿も多数されていらっしゃる著名な同窓生です。昭和薬科大学世田谷校舎や町田校舎の写真を示しながら薬剤師を取り巻く現状、薬学生と教員との関係などをご紹介いただきました。引き続き、鈴木光彦氏(D22A)の乾杯の御発声にて懇親会がスタートしました。歓談中、星野一氏(D32A)が準備された世田谷校舎付近等の様子もスライドショーにて鑑賞しました。さらに1人数分ずつご自己紹介をしました。自己紹介の内容から新たな人と人の繋がりの発見がありました。昭和薬科大学の同窓生で本当に良かったと感じるシーンでした。盛り沢山の東海ブロック同窓会となりましたので予定していました3時間があっと言う間に経過しました。昭薬同窓会 三重県支部長 成瀬慶介氏(D18)から中締めのご挨拶をいただきました。次回の再会を約束して御開きとなりました。

東海ブロック同窓会は盛会裏に終了することができました。ご出席いただきました同窓生、ご協力いただきました一般社団法人昭薬同窓会の皆さまに深く感謝いたします。

ページのトップへ戻る