神奈川横浜南支部 結成総会 報告

2011/02/21支部会報告

平成23年2月20日(日)に結成総会を開催し、新たに昭薬同窓会 神奈川横浜南支部を立ち上げることができました。総会当日は昭薬同窓会会長 古泉秀夫先生を初め御来賓の先生方も多数ご出席され、議事(支部規約の承認、支部役員の選出等)の後の懇親会では、出席者一同みな学生時代に戻ったように和気あいあいと楽しいひとときを過ごすことができました。

神奈川県の昭薬同窓会の会員は2000名を超え、東京に次ぐマンモス地区となっております。神奈川東支部(1300名)と西支部(700名)に分かれて活動をしていましたが、交通の利便性も考慮すると支部会や研修会に多くの会員が集まることも難しい状況でした。会員の皆様も支部活動が身近に感じられないということで、支部の再編成が検討されてきました。

2006年に北相支部、西湘支部が設立され、2009年に湘南支部が設立し、神奈川西支部が 3支部に再編成されました。次いで神奈川東支部の再編成が検討され、活動しやすさを勘案し横浜南支部、横浜北支部、川崎支部の 3支部に再編成することになりました。

この度、設立された神奈川横浜南支部は、保土ケ谷区(45名)、泉区(46名)、戸塚区(53名)、西区(21名)、南区(46名)、港南区(63名)、栄区(55名)、中区(34名)、磯子区(36名)、金沢区(63名)の計 462名の昭和薬科大学(昭和女子専門学校を含む)の卒業生から構成されます。

幅広い年代から構成されるこの支部の目的は、会員の資質向上および親睦を図ることです。今後は横浜南支部ならではの薬剤師研修会やお食事会、小旅行等様々な企画を行う予定です。会員の皆様のご意見、ご要望を取り入れ有意義な活動を行っていきたいと思いますので、よろしくお願い致します。

【支部長 兼 総務担当】
鈴木 秀樹(D-36B)
【副支部長】
吉原 隆一(D-19A)
【会計】
岩下 由紀子(D-20A)
【会計監査】
伊藤 美紀子(D-11A)
木村 重(D-26A)

[報告者] 鈴木 秀樹(D-36B 昭和63年卒)

ページのトップへ戻る