平成塾スクーリング:「婦人科疾患の漢方薬治療と皮膚疾患の薬物療法」

2019/11/22お知らせ

第22回平成塾スクーリング「婦人科疾患の漢方薬治療と皮膚疾患の薬物療法」

日時
2020年2月9日(日) 13:00~16:10 (受付12:50~)
場所
町田市文化交流センター5F会議室 サルビア(旧ぱるるプラザ)
住所

〒194-0013 町田市原町田4丁目1番14号
電話:042-710-6611
JR横浜線「町田駅」町田ターミナル口直結
小田急線「町田駅」西口から徒歩5分

テーマ

「婦人科疾患の漢方薬治療と皮膚疾患の薬物療法」

◆講演1 13:00~14:30
漢方薬の婦人科疾患に対する薬物療法

講師:金井 真純 先生 漢方のスギヤマ薬局

月経異常、更年期障害など、女性ホルモンによる不定愁訴に対して、近年は漢方薬の処方率も急増しており、より幅広い漢方薬の知識が必要になってきている。
本講演では『気血水』『五臓六腑』などを軸とした中医学の観点から不定愁訴の本態を「ストレスタイプ」「血行不良タイプ」などのタイプ別に捉え、各タイプに使用する漢方処方のコンセプトや、服薬指導に取り入れやすい生活養生、食養生なども紹介する。また実際の症例を通して、一人ひとりの体質の見極めと正しい処方選択の重要性をお伝えする。
適切な処方提案や患者への生活指導など、日々の業務に役立つ講演になればと思います。

◆講演2 14:40~16:10
アトピー性皮膚炎の薬物療法

講師:中田 土起丈先生 昭和大学藤が丘病院皮膚科

アトピー性皮膚炎は寛解と増悪を繰り返す慢性皮膚疾患で,治療に難渋する例も少ないのが実状である。しかし,2018年にヒト型抗ヒトIL-4/13受容体モノクローナル抗体・デュピルマブが登場したことで,本症に対する治療は新しい局面を迎えたと言うことができる。
本講演ではアトピー性皮膚炎の病態について概説した後に,実際に行われている治療法の選択や進め方についてお話しする。その中で,いわゆるステロイド恐怖症を生みだしてしまった,治療法をめぐる社会的混乱の歴史についても触れてみたい。

質疑応答

取得単位

一般社団法人昭薬同窓会・平成塾(G12)の発行する生涯研修単位2単位
(他の認定薬剤師認証研修機関※発行の研修単位と互換性あり)
※薬剤師認定制度認証機構(CPC)認証研修機関

受講料
2,500円
(通信講座受講者ならびに昭和薬科大学6年制卒業生は無料)
申込方法

ゆうちょ銀行備え付けの払込取扱票通信欄に『第22回スクーリング申込』とご記入の上、お名前、薬剤師免許番号、緊急の際の連絡先を明記の上受講料2,500円をお払込みください。

※2019年度通信講座受講生ならびに昭和薬科大学6年制卒業生は受講料免除となります。事務局にメールまたはFAXで参加お申し込みください。

参加料振込締切
2020年2月6日(金)(2/6以降お振込みの場合は半券をお持ちください)
※振替受領証は申請時に必要になりますので保存しておいてください。
※受講申込は受講料の振込をもって受付終了となります。
※2/6以降お振込の方、当日受付にてお支払いの方は出席の旨を2月7日(金)までにメール又はFAXで事務局へ事前にご連絡ください。
郵便振替口座番号
00180-0-324854
加入者名

一般社団法人昭薬同窓会・平成塾

主催/お問い合わせ
一般社団法人昭薬同窓会・平成塾
町田市東玉川学園3-3138-5F
(月~金曜 12:00~16:00迄 土日 休)
TEL 042-722-5750 FAX 042-721-1295 お問い合わせフォーム

会場地図

町田市原町田4丁目1番14号

ページのトップへ戻る