昭薬同窓会について

個人情報保護方針

住所などの資料の更新を目的に、会員の皆さまに住所などをご記入いただくようお知らせがいきますので、ご記入の上ご返送ください。

個人情報保護については充分マニュアルに従って配慮しております。

個人情報保護法への対応について

2005年4月1日より5,000人を超える顧客名簿を持つ事業者に対しても個人情報保護法が拡大して施行されるようになりました。

昭薬同窓会は卒業生14,000人を超え、この法令の対象の個人情報取扱事業所となります。従って個人情報を取得する際には利用目的を特定して本人に知らせ、データを安全管理しなければなりません。

2005年4月1日より5,000人を超える顧客名簿を持つ事業者に対しても個人情報保護法が拡大して施行されるようになりました。

昭薬同窓会は卒業生14,000人を超え、この法令の対象の個人情報取扱事業所となります。従って個人情報を取得する際には利用目的を特定して本人に知らせ、データを安全管理しなければなりません。

不正取得や目的外利用に対しては、本人からの利用停止や消去を請求することができ、違反者には罰則も定められています。

昨今、個人情報の売買、特に同窓会名簿は高い値段で売買され、これによる被害が新聞等で報道されています。

昭薬同窓会では、今回施行された法令に準拠して、「個人情報保護方針」、「個人情報の取扱に関する運用規定」、「個人情報取扱責任者」を定め、会員の個人情報を保護する方針です。

利用目的は

1.会員名簿のデーターベースの管理更新
2.会員への案内、連絡、会報の送付
3.支部会、同期会への案内、連絡

上記目的以外での使用および提供を原則として禁じます。
同窓会における個人情報は、氏名、卒業年、卒業クラス、現住所、電話番号、勤務先、勤務先電話番号、帰省先住所、帰省先電話番号、会費納入状況などです。

今後継続的に利用目的を明確にし、ポリシーにそった情報の更新に努め、適正な保管管理措置を行い、漏洩、滅失、破損のないようにしていきます。

概略は以上のような内容ですが、今後予測できない問題点も出てくると思いますが
「個人情報取扱に関する委員会」で検討して、個人情報を保護していきます。

*各支部会・各期同窓会開催案案内のための名簿などの提供は、従来どおりのご要望にお答えいたしますが、申請者は同窓会理事、支部長、同期会代表に限ります。また申請者には別途「個人情報契約書」を送付しますので、必ずご提出ください。提出のない場合は提供できません。

*他の会員の個人情報に関しては、本人の了解を得てのみお答えいたします。

*事務局内での守秘保護については別途マニュアルを作成して運用といたします。

————————————
2005年11月1日
昭薬同窓会理事会
TEL:042-722-5750
FAX:042-721-1295

ページのトップへ戻る